« タラシン鉄道再訪(6) | トップページ | タラシン鉄道再訪(8) »

2017年5月24日 (水)

タラシン鉄道再訪(7)

ドルゴッフDolgoch駅である。起点から4マイル72チェイン(約7.9km)標高243フィート(約74m

これも美しい駅である。一般客にとってここの見どころは滝である。見学に少なくとも30分は、じっくり見るなら2時間かかるそうだ。しかし鉄にとって一番の見どころは給水風景。
20170331dsc_19472

20170330dsc_07612

槽という字も樋という字も木偏であることを再認識させてくれる。
20170331p33103322

続く

あまらぼ鍋屋町

« タラシン鉄道再訪(6) | トップページ | タラシン鉄道再訪(8) »

海外」カテゴリの記事

蒸機」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594346/65316243

この記事へのトラックバック一覧です: タラシン鉄道再訪(7):

« タラシン鉄道再訪(6) | トップページ | タラシン鉄道再訪(8) »