« タイ 懲りずにメークローン線 プロム・デーンからコック・クヮイ | トップページ | タイ 見かけた気になるもの »

2018年1月27日 (土)

タイ 懲りずにメークローン線 東線終点マーハチャイ

まずは駅本屋正面。タイではあらゆるところに国王の肖像画が飾られている。現在は「いまだ前国王のみ」「いまだ前国王と王妃」「新国王のみ」といろいろあるが、ここは新国王の肖像画が前国王・王妃の間に掲げられている。徐々に変化していくだろう。
20180107p1070346

西線の終点メークローンMae Klongの線路上に拡げられる露店はFolding Umbrella Marketとしてあまりにも有名になり、観光客が多すぎで最早まともな写真が撮れる状態ではない。

東線の終点であるこのMaha Chai駅は市場の中にある、という表現が正しいのか、市場が駅の中に侵入してきたという言い方が正しいのか、東南アジア的混沌そのものの駅である。ただしほぼ全面的に屋根に覆われているし、ホームが阪急中津並みなので撮影は困難である。
20180107p1070353
近年、駅の東側の線路上に露店が並びだした。数年前のバンコク居住時代にはこんなことは無かったのだが。

20180107p10703242

列車の発車直前になってもまだこんな状態で

20180107p1070321   20180107p1070327



やっと発車
20180107p1070334
念のために附け加えるが、タイの車輛のトイレは60年代以前の我が国と同じである。この日本製気動車ももちろんそうである。

もともと観光客の多いところではあるが、以前は線路上の露店が無かったからそこには当然ながら殆ど観光客もおらず、駅の前の道路のマーケットから、フェリー乗り場の方に多かっただけである。

他の撮影者が画面に入った写真は鉄道写真として価値ゼロである。この男は直前にすっとこの位置に入って構えた。鉄かどうかは分からないが、カメラの構えはしっかりしている。
20180107p1070360

20180107p1070364
やはり私には鉄道の利用者も、鉄道員も、誰も居ない写真が性にあう。人を入れての写真が上手い人は尊敬する。

駅を出てすぐ東に以前の気動車(ご覧のとおり日本製)が長年放置されている。背後は最近できた建物だ。
20180107p1070372

あまらぼ鍋屋町

« タイ 懲りずにメークローン線 プロム・デーンからコック・クヮイ | トップページ | タイ 見かけた気になるもの »

海外」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594346/66287963

この記事へのトラックバック一覧です: タイ 懲りずにメークローン線 東線終点マーハチャイ:

« タイ 懲りずにメークローン線 プロム・デーンからコック・クヮイ | トップページ | タイ 見かけた気になるもの »