« 懐かしい紙幣と硬貨 | トップページ | 路面蒸機、路端蒸機 »

2018年2月17日 (土)

原爆のための蒸機

ちょっと(どころかメチャメチャ)大袈裟なタイトルであるが嘘ではない。

独逸のナロー鉄道で最も有名なものの一つ、モリMolliという愛称を持つMecklenburgische Bäderbahn(敢えて訳せばメクレンブルク海水浴場鉄道!?)の写真を数回に分けてご覧いただくが、最初にこの話題をご紹介する。

この鉄道はバルト海に面するかつてのハンザ同盟の都市、軍港でもあるロシュトックの西すぐの所にあるバート・ドーベランBad Doreranからオストゼーバート・キュールングスボルンOstseebad Kühlungsborn(終着駅はキュールングスボルン・ヴェストKühlungsborn West)まで15.4km900mmゲージの鉄道である。

この鉄道自体の歴史については後にご紹介することにして、これが現在のキュールングスボルン・ヴェストの発車シーンである。
20171103dsc_3865

ここでちょっと右を向くと一台の静態保存蒸機が見える。
20171103dsc_3857

20171103dsc_3694
99 332(のち99. 2332-7)カールマルクス機関車工場(LKMLokomotivbau Karl MarxもとはOrenstein & Koppel1951年製、製番30013である。99 331はまだ生きているらしいが見なかった、99 333は廃車解体された。

現場の説明板には何も書いていないが、この機関車はこの鉄道の生え抜きではなく、なんとウラン鉱山の鉄道から僚機2輌とともに1961年に来た。
20171103dsc_3697

話は大きくかわるが、アメリカは1939年からのマンハッタン計画で原爆を開発し、広島でウラン原爆を、長崎でプルトニウム原爆を実戦使用した。同じ連合国のなかであったが社会主義国ソ連は自由主義圏の英米仏などとは相容れない存在であり、アメリカに対抗して原爆開発に邁進した。ただしソ連領内では当時はウランが採れず、チェコスロヴァキア(現在チェコ)や東独逸南部での採掘が進められた。のちにソ連領内でも発見されるが充分な量ではなく、ウランの存在が東欧支配の大きな理由であるという説もある。

この機関車の最初の職場がその東独逸のウラン鉱山ヴィスムート(SAG/SDAG Wismut )であった。ソ連の支配下にあった国や地域では最大の産出量を誇った。この機関車について、特にその歴史や上述の鉱山などについて現地で本が無いかと駅などで探したが、見附けられなかった。もちろん都市の大きな書店ならヴィスムートやその他の鉱山の本はあるだろうが、鉄道特に蒸機との関連を述べたものは難しいだろう。保存鉄道なら、その保存団体などが多少でも収支向上に貢献しようと良い(少なくとも鉄に興味深い)冊子や書籍を販売しているのであるが、ここはほぼ完全に観光鉄道となっているためか、その手のものはなかったのである。

ソ連の原爆の完成はアメリカなどの予想よりはるかに早く、1949年であった。従ってこの機関車が運搬したウランが最初の原爆に使われたわけではないが、その後の原爆製造には大いに寄与したことであろう。

子供の頃を思い出すと、どの国も核実験は空中で平然と行っていた。今はならず者国家の北朝鮮ですら地下実験であるから、まさに隔世の感がある。もっとも北朝鮮には空中実験に適した砂漠や海が無いのも事実であるが。

ソ連は次々に超大型の水爆実験を行うので、子供心にも恐怖感があった。キロの上の接頭辞メガ(百万)が一般人に広く知られるようになったのは、原水爆の核出力メガトン(TNT火薬換算)というコトバからであろう。

また今ではちょっと信じられないが、左翼の中には「米英の原爆は戦争のため、ソ連中国のは平和のため」などと言う莫迦が本当に実在した。もっとも、その延長線上にあるのか近隣国に肩入れし、やたらに自国を蔑にするどころか寧ろ敵対すらするマスコミ、学者、文化人?なるものが今も結構な数存在するようだが。

あまらぼ鍋屋町

« 懐かしい紙幣と硬貨 | トップページ | 路面蒸機、路端蒸機 »

海外」カテゴリの記事

蒸機」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/594346/66404183

この記事へのトラックバック一覧です: 原爆のための蒸機:

« 懐かしい紙幣と硬貨 | トップページ | 路面蒸機、路端蒸機 »